昨日より健康に!日に日に健康になっていくことを目指す

効果があった健康法、健康食品を中心に人生を楽しむための生活の質向上術を紹介します。

睡眠不足は肥満の原因!?体温調節と布団・枕が快眠のポイント!

近年、良質な睡眠をとれていないという人がどんどん増えています。今、日本では、自分の睡眠に不満を持っていても改善できていない人が、なんと8割以上いるという報告があります。

この睡眠不足は一刻も早く改善する必要があります。睡眠不足は健康に悪いだけでなく、肥満や糖尿病の原因にもなるということがわかったのです。

ドイツやスウェーデンの大学の研究報告によると、睡眠不足になると、グレリンという食欲を増やすホルモンの量が多くなるそうです。

また、睡眠不足により疲労感が強くなり、行動をできるだけ抑えようとするため、消費エネルギーが減ってしまいます。普通、体は休んでいるときにもエネルギーを使っていますが、その消費エネルギーも抑えられていることがわかりました。

つまり、睡眠不足になると、食欲が増して摂取エネルギーが増えるのに、体が使う消費エネルギーが減るので肥満になってしまうということです。


睡眠不足を解消すれば、肥満を防止するだけでなく、他にも効能があります。

睡眠中には、若返りを促進する成長ホルモンも分泌されます。成長ホルモンは、睡眠が深くなったときに分泌されるため、若返りのためには質の良い睡眠が必要です。また、成長ホルモンは午前0時から3時までの間に体脂肪を燃焼してくれる働きもあります。

さらに、睡眠中には成長ホルモン以外にも、糖質や脂質を代謝してくれるコルチゾールという成分も分泌されます。コルチゾールは午前3時から6時に特に分泌量が増えます。

つまり、午前0時から6時までの間に、質の良い睡眠をとると、肥満の解消や若返りに効果があるのです。


では、質の良い睡眠をとるためのポイントって、いったい何なんでしょうか?


f:id:hsnv:20170626132447j:plain


1つ目は、体温調節です。人は体温が下がるタイミングで寝つきがよくなり、深く眠れ、夜中に起きにくくなります。就寝1時間前にお風呂に入ることで、この体温調節がうまくいきます。38~40度のぬるま湯に10~20分ぐらい、じっくり浸かると効果的です。

2つ目は、布団や枕です。自分に合わない布団や枕を使っていると、体がストレスを感じてしまい、睡眠の質が落ちます。布団や枕は、人それぞれ合う、合わないがあるので良い睡眠がとれていないと感じる人は布団と枕を変えてみるといいです。

この2つの点を改善しただけで睡眠不足が解消されたという人もいっぱいいます。



まとめ

  • 睡眠不足は健康に悪いだけでなく、肥満や糖尿病の原因にもなる
  • 午前0時~6時の間に、質の良い睡眠をとると、肥満の解消や若返りに効果がある
  • 就寝1時間前に入浴することで、快眠・安眠につながる
  • よく眠れていないと感じる人は、布団と枕を変えてみるといい




睡眠は、一生ついてくるものなので、安眠、快眠できていないと感じている人はすぐに改善する必要があります。良質な睡眠を得て、健康な体をつくりましょう。


雲のやすらぎ

スリープドクターズピロー

断食しなくてもOK!食べながらできるデトックス法とは?

ここ数年、「デトックス」という言葉が流行しています。方法はいくつかあり、有名なものでは断食デトックスなどがあります。確かに、断食でデトックスはできますが、毎日きちんと朝、昼、晩の3食を食べている人にとっては、ちょっとキツイですよね。

今回は、ご飯を食べながらできるデトックスの方法を紹介します。

「食べながらデトックスする」と聞くと、なんか都合がいいように聞こえますが大丈夫です。デトックス効果のある食べ物をしっかり食べれば、無理に断食しなくても、ちゃんとデトックスはできます。


では、デトックス効果のある食べ物とは、いったい何なんでしょうか?


f:id:hsnv:20170625101900j:plain


それは、不溶性食物繊維をいっぱい含む食べ物です。

不溶性食物繊維とは水に溶けない食物繊維です。水に溶けないので、逆に水をどんどん吸収して大きく膨らみます。さらに、繊維がとても強いので腸内にたまった食べカスや細菌の死骸などをからめとりながら、大便をつくって、それを体の外に出してくれます。

わかりやすくいうと、不溶性食物繊維が「大型の掃除機」で、食べカスや細菌の死骸が「ゴミ」です。バツグンの吸引力でゴミを吸いとり、腸内をきれいに掃除しているというイメージです。

つまり、不溶性食物繊維をとることで腸内をきれいにデトックスできます。


では、逆に不溶性食物繊維をとらなかったらどうなるのでしょうか?

腸内を掃除しないことになるので、食べカスや細菌の死骸といったゴミがたまったままになってしまいます。このまま放置されると、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化し、肥満、不健康、老化の原因となります。

こうならないためにも、不溶性食物繊維を積極的にとる必要があります。

また、不溶性食物繊維は便秘の人にも効果があります。不溶性食物繊維は、腸を刺激しながら移動します。すると、腸の動きが活発になるので腸内にある大便がスムーズに移動できるようになり、便が出やすくなるのです。

不溶性食物繊維は腸内をキレイにするスペシャリストです。


では、その不溶性食物繊維は何に含まれているのでしょうか?

いんげん豆や、ひよこ豆、小豆、大豆、えんどう豆、枝豆などの豆類やおからに豊富です。また、納豆やモロヘイヤ、オクラなどのネバネバ食材にも多く含まれています。ちなみに、豆類とネバネバ食材は水溶性食物繊維も豊富なので、2種類の食物繊維をまとめてとることができます。

他にも、シソ、パセリ、ニラやキクラゲ、干しシイタケ、エリンギ、えのきなどのキノコ類、切り干し大根などにもいっぱい含まれています。


f:id:hsnv:20170625102531j:plain





まとめ




不溶性食物繊維をとれば、食べながらデトックスできるのでキツイ断食をするより気持ちが楽です。継続して続けることでストレスをためずに健康になることを目指しましょう。





水溶性食物繊維についてはこちらの記事で詳しく書いているのでよかったら読んでみてください。
hsnv.hatenablog.com






TV、雑誌でも大注目!楽天ランキング1位[えん麦のちから]はコチラ↓


日本人は海藻ダイエットでやせない!?海藻がゼロカロリーにならない理由とは?

最近は、カロリーが低いものを食べてやせようとするダイエットが流行しています。そのなかでも、海藻ダイエットというものがあります。「海藻はゼロカロリーだからいっぱい食べても太らない」ということで実践している方も多いと思います。


しかし、海藻ダイエットはそんなに甘いものではありません。


実際に海藻ダイエットをやってみて、やせることができなかったという人もたくさんいます。これって、いったいなぜなのでしょうか?


f:id:hsnv:20170621133611j:plain


実は、日本人のほとんどはゼロカロリーとされる海藻類からもエネルギーを取り出せる、特別な体を持っているのです。日本人は、はるか昔から海藻類を日常的に食べる習慣があります。海藻を日々食べるのは、周りを海に囲まれた日本独特の食文化であり、日本人ほど海藻類を好む民族は、世界でも珍しいと言われています。

このような食文化を持ち続けてきた結果、日本人の8割の人が海藻類を分解できる遺伝子を持った腸内細菌を持つようになったと報告されています。だから日本人のほとんどが、海藻類からもエネルギーを取り出すことができるのです。

これに対して、ヨーロッパ人は海藻類を分解できる腸内細菌を持っていません。海藻をエネルギーにできないので、ヨーロッパの人たちにとっては海藻類がゼロカロリーとなるのです。

それなら、日本人でも海藻類を分解できない2割の人だったらヨーロッパ人と同じく海藻類はゼロカロリーなのでしょうか?

はい、そうです。だから、一部の日本人には海藻ダイエットは通用します。「海藻ダイエットでやせた」という人がいるのは、たまたまその人が、珍しく海藻類を分解できる腸内細菌を持っていたからです。ただ、やっぱり日本人の8割が海藻類を分解してエネルギーを取り出せる以上、海藻ダイエットで成功しない人のほうが多いです。


ただ、ここで「ダイエットに効果がないのなら海藻類を食べるのをやめよう」というふうにはしなくていいです。

海藻類はゼロカロリーではないにしろ、カルシウムや食物繊維などの栄養素が豊富なので、健康・美容を意識するためにも積極的に食べたほうがいい食べ物です。

良くないのは、海藻類ばかり食べるような1つの食品だけを食べるダイエット方法です。

1つの食品ばかり食べていると、腸に負担をかけることになり、ストレスになるので不健康につながります。つまり、海藻ダイエットが通用する人だとしても、どちらにしろ海藻ダイエットはおすすめできません。

ダイエットを継続して成功させるためには、1つの食品ばかり食べ続けることをしてはいけないということです。



まとめ

  • 日本人のほとんどの人には海藻ダイエットが通用しない
  • 海藻自体は体に良いので食べたほうが良い
  • 1つの食品ばかり食べるダイエット方法というのが良くない



今回、知ってもらいたかったのは、海藻ダイエットが効果がないということではなく、1つの食品ばかり食べるダイエット方法が良くないということです。世間でよく聞く「〇〇だけ食べてやせられる!」という言葉には注意してほしいです。ダイエット食品を食べるときも、普段の食事はしっかりとるようにしましょう!



買えるのはここだけ!累計販売個数100万本突破の酵素ドリンク【ファストザイム】




タンパク質と食物繊維を一緒にとると太らない!?食べながらやせられるその理由とは?

タンパク質を多く含む食品っていっぱいあります。肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などです。ダイエットをするときに、これらタンパク質を避ける人っていますが、タンパク質をとらないのは、実はダイエットには逆効果なんです。

むしろタンパク質を多く含む食品を食べた方がやせやすくなります。

タンパク質には、食後に体温を上げてカロリーを燃やす働きがあります。食事で、タンパク質をしっかりとると、体温が自然と上がります。この上がった体温がカロリーを消費している証拠です。カロリーは体温として発散されるので、体にたまらないのです。タンパク質を含む食べ物をしっかり食べることで、カロリーを燃やす体になります。

逆に「やせたいからお肉は食べない」なんてことをすると、いくら食事をしてもタンパク質がとれていないため、体温が上がりません。食べたもののカロリーが体温として消費されないせいで脂肪になって体にたまってしまうのです。

さらに、タンパク質をとらずにパンや麺、ご飯などの炭水化物をとっていると、もっと太りやすくなってしまいます。炭水化物は糖質をいっぱい含んでいますが、脳はこの糖質が大好きなので、炭水化物を求めて暴走します。その結果、我慢できず、どんどん食べてしまい肥満へとつながるのです。

忙しい人などは、朝はパン、昼はコンビニのおにぎり、夜は麺類でサッと済ませる、なんてことがあると思いますが、このようなタンパク質が少なく、炭水化物いっぱいの食事が太る原因になります。

また、タンパク質は人間に必要な栄養素でもあるので、健康な体を維持するためにも、毎日、適度にとる必要があります。


ただし、タンパク質を含む食品を食べるときに注意してもらいたいことが1つあります。


f:id:hsnv:20170619152513j:plain


それは、タンパク質と一緒に必ず食物繊維もとるということです。タンパク質を含む食べ物の多くは、脂質を含んでいます。せっかくタンパク質をとってカロリーを燃やす体になっても、脂質をいっぱいとっていると腸内の悪玉菌が増えて、病気や肥満の原因となります。

しかし、食物繊維をとると腸内の善玉菌が増え、太りにくくなります。さらに、食物繊維をとることで、腸内で悪玉菌が悪さをしなくなり、むしろ体に良い働きをしてくれるようになるのです。

食物繊維と腸内細菌、肥満の関係については、他の記事で詳しく書いているので、よかったら読んでみてください。
hsnv.hatenablog.com



まとめ

  • タンパク質をとると、カロリーを燃やす体になる
  • タンパク質は肉、魚、卵、乳製品、大豆製品に豊富
  • 炭水化物は脳を暴走させ、太る原因になる
  • タンパク質をとるときは、一緒に食物繊維をとるようにする



食事では、炭水化物の量を少なめにして、タンパク質、食物繊維をしっかりとるように心がけるといいです。この食事スタイルに変えてから太らなくなり、肌の調子も良くなった、という方もいます。日々の生活習慣を見直し、健康な体づくりを目指しましょう!


モンドセレクション銀賞受賞!食物繊維たっぷりのごぼう茶とは!?





チョコレートは本当は体に良いのか悪いのか?何も知らず食べていると依存症や心臓病の原因に!?

チョコレートをどのくらいの頻度で食べるかは人それぞれだと思います。
毎日食べる人もいれば、ほとんど食べない人もいます。
よくチョコレートを食べ過ぎると、虫歯、体重の増加、頭痛、肌のトラブルの原因になると言われていますが、チョコレートを食べることによって人は幸せな感情になるとも言われています。


f:id:hsnv:20170605160951j:plain


実は、チョコレートには300を超える化学物質が含まれており、これらの化学物質が私たちに喜びを抱かせる脳の部分を刺激すると言われています。
だから、チョコレートを食べると幸せを感じ、再びチョコレートが欲しくなり、食べ始めたら止まらなくなるのです。
チョコレートを一気に食べきってしまうという経験をしたことがある方は多いと思います。チョコレート依存症になってしまうのは脳を刺激され、欲望を抑えられなくなってしまうからです。

さらに、チョコレートは人間の健康に悪い脂肪も含んでいます。そして、この脂肪は摂りすぎると心臓病の原因になることがあります。チョコレートが心臓病の原因だと言われているのはこのためです。

これだけ見ると、チョコレートってかなり体に悪そうに思えますが、実はそうではありません!

チョコレートにはカカオポリフェノールと呼ばれるとても健康に良い化学物質も含まれています。カカオポリフェノールは抗酸化物質と呼ばれるもので、細胞が老化するのを防いでくれます。他にも、血圧の低下、アレルギーの改善、動脈硬化予防、脳の活性化、ストレス解消、便秘解消など期待できる効果がたくさんあります。また、カカオポリフェノールを適度に摂取することで心臓病の予防にもつながると言われています。チョコレートの食べすぎは心臓病を引き起こす可能性がありますが、適度な量だと逆に心臓病になりにくくなるということです。


ここまででチョコレートが体に良くも悪くもなるということがわかったと思います。世間でよく、チョコレートが体に良いのか悪いのかで議論されているのは、このためです。


では、結局チョコレートを食べたほうがいいのでしょうか?





答えは、種類と量に気をつけて食べるのが良いです。

ただひたすらにチョコレートを食べていては体に悪いです。一般的に体に良いと言われているチョコレートは、カカオポリフェノールをいっぱい含んでおり、添加物が少ないものです。
カカオポリフェノール72%以上のものが理想で、添加物は少なければ少ないだけいいです。
市販のもので言えば、明治のチョコレート効果カカオ72%がおすすめです。他の市販のチョコレートに比べて、添加物が少なめで、カカオ成分もちょうど良いです。カカオ成分がこれ以上のものを選んでもいいのですが、かなり苦くなるので人によっては苦手かもしれません。

次に、食べる量についてです。チョコレートの1日の摂取量の目安は25グラムほどです。だいたい板チョコ1枚が55グラム程度なので、板チョコ半分の量が理想ですね。

これらがチョコレートを食べるときに気をつけてほしいことです。このことに注意すれば、チョコレートは健康の手助けをしてくれます。おいしくて、ヘルシーなのでとてもうれしい食べ物ですね。



チョコレートは、上手に食べればとても体に良いです。どんな食べ物であれ、食べすぎは基本的によくありません。食べる種類と量に気をつけて、健康のためにチョコレートを日々の生活に取り入れてみてもいいですね。



明治 チョコレート効果カカオ72%BOX 75g×5個

食べても太らないスイーツ第1位はシュークリーム!?その理由とは?

スイーツってとてもおいしいですよね。洋菓子、和菓子と種類も多く、食べ始めたら止まらなくなります。


f:id:hsnv:20170604222554j:plain


僕も健康オタクだと言っていますが、かなりのスイーツ好きです。健康には日々、かなり気をつけていますが、我慢しすぎるのもストレスになるので週1回は大好きなスイーツを好きなだけ食べています。
心も満足してこそ健康になることができると思っているので、我慢するときは我慢する、食べるときは食べるというメリハリをつけるようにしています。


週1回だけ好きなものを好きなだけ食べてもいい解禁日をつくり、代わりに断食日をつくるという健康法を以前、紹介したのでよかったら参考にしてみてください。


hsnv.hatenablog.com


さて、そんなおいしいスイーツですが、特に洋菓子は非常に高カロリーだと言われています。和菓子に比べて、砂糖やバターをたっぷり使うので、どうしてもカロリーが高くなってしまいます。しかし、そんな洋菓子の中にスイーツなのに実は低カロリーのものがあるんです!

スイーツなのに低カロリー、そんなうれしいスイーツとは何なのかというと・・・






































シュークリームです。

f:id:hsnv:20170604150614j:plain


シュークリームには、カスタードクリームや生クリームが入っているものが多く、スイーツを食べるときに欲しくなる味わいをすべて持っています。

それなのに、なぜ低カロリーなのでしょうか?

それは、ショートケーキなどに使われているスポンジ生地がシュークリームには使われていないからです。
スイーツの中でカロリーを高くしているのが、実はこのスポンジ生地なんです。スポンジ生地自体には元々、ほとんど味がないので、甘味をしっかりつけるために、たっぷりの砂糖や甘いシロップをしみ込ませます。

シュークリームには、この砂糖たっぷりのスポンジ生地が使われていないのです。確かに、シュークリームの皮ってものすごく素朴な味がしますよね。それどころか、ほとんど味がしないことも多いです。シュークリームは、皮にはほとんどカロリーがなく、中に入っているクリームだけでスイーツの味わいを出しているから低カロリーなんです。

実際、カロリーを比較してみると、平均してケーキは1個約450kcalであるのに対して、シュークリームは1個約240kcalです。約2倍も違います。


太りたくないけど、どうしてもスイーツを食べたい、という時はシュークリームを食べるのがいいですね。


ちなみに、逆に太るスイーツはというと・・・






































チーズケーキ、モンブラン、みたらし団子です。

チーズケーキは、大量のチーズが乳脂肪を多く含んでおり、またサワークリームや生クリームをたっぷり使っているので高カロリーです。

モンブランは、栗のクリームに大量のバターが使われているので、カロリーがとても高いです。

みたらし団子は、和菓子なので低カロリーだと思われがちですが、団子の量が多い上に、たれに砂糖がかなり使われているのでカロリーがかなり高いです。


スイーツによって、カロリーは様々です。我慢するときはしっかり我慢し、食べるときは食べる。無理なくストレスを感じないように健康的な食生活を送りましょう。




【初登場★ランキング1位】20分で1200個完売!濃厚ミルクシュー3【5400円以上まとめ買いで送料無料対象商品】(lf)

飼いネコは太るのに野生のネコはなぜ太らない?その原因は人間にも共通するものがあった!

動物が好きな方って多いと思います。かわいくて癒されますよね。
仕事や学校の帰り道などでネコを見かけたりすると、ついついエサをあげたくなりますよね。普段、生活しているといろんなネコちゃんたちを見かけることがありますが、時々ものすごくまん丸に太ったネコを見かけることってありませんか?

あの子たちって、いったいどんな生活をしてあんなに太ったのでしょう?


f:id:hsnv:20170603114526j:plain


実は、動物が太るのは運動不足もありますが、それよりも食生活が大きく関係しているのです。
動物にも人間と同じように満腹中枢というものがあります。この満腹中枢が刺激されて、人間も動物も満腹を感じます。ただ、この満腹中枢は、食べるものの味付けによって狂ってしまうことがあるんです!


あるおもしろい実験結果があるので、ここで紹介します。

ある一匹のサルに何も味付けをしていないさつまいも400グラムをあげました。このサルが普段食べているさつまいもの量は100グラムなので、当然400グラムあげても、お腹がいっぱいになって300グラム食べ残してしまいました。
次の日、今度はさつまいも400グラムにたっぷりのバターとはちみつをつけて食べさせると、なんと残さず全部食べつくし、さらにそれ以上の量も食べることができたのです!

この実験結果によれば、しょっぱい、甘いなどの味つけは脳に幸福感を与え、もっと食べたいと思わせるようになり、満腹中枢を狂わしてしまうのです。


これで、太っているネコがいったいどんな食生活をしているのかがわかりましたね。太っているネコは人間に飼われていることが多く、甘みなどでおいしく味つけされたエサをいっぱい与えられて、どんどん食べて太ってしまうのです。

だから、動物全般に言えることですが、飼われている動物の方が太っていることが多いのです。飼われている動物は、野生でなら食べることのない味つけがいっぱいされた甘くておいしいエサを人間にいっぱい食べさせてもらえます。このエサが太る原因です。甘くておいしいエサで、満腹中枢が狂ってしまい、どんどん食べて太ってしまうのです。
一方、野生の動物はやせていることが多いです。野生の動物は狩った獲物を何も味つけをせず、そのまま食べているので正常に満腹中枢がはたらき、食べすぎを防いでいます。
飼いネコに太っているものが多いのは、このためです。


ただ、この食生活は、実は人間にも当てはまります。
甘いものや濃い味つけなど、味つけがいっぱいされたものが好きな人っていますよね?
この甘みや濃い味つけが満腹中枢を狂わしてしまうので、味つけがいっぱいされたものが好きな人は注意が必要です。いっぱい食べてしまうことが多く、太りやすくなります。
しかし、薄味が好きな人や、添加物がいっぱい入ったドレッシングやマヨネーズなどをほとんど使わない人は正常に満腹中枢がはたらくので、食べすぎることがないのです。
トッピングをこれでもかというほどするアメリカ人に太っている人が多いのは、このことも関係しています。
味つけにより、人の食欲はここまで大きく変わるのです。


野生の動物から学ぶ食生活、肥満を防ぐためにとても参考になりましたね。
甘いものやうまみ成分、添加物などがいっぱい入ったもののとりすぎは注意が必要ですね。

カナガンキャットフード