昨日より健康に!日に日に健康になっていくことを目指す

効果があった健康法、健康食品を中心に人生を楽しむための生活の質向上術を紹介します。

ヨーグルトは食べ方を工夫するだけで太らない!

健康のためにヨーグルトを食べている方は多いと思います。体に良いのでどんどん食べたいですが、ヨーグルトって食べ続けていて太らないのか不安になりますよね?

確かにヨーグルトは脂質が多いので太る原因になると思われがちですが、実は、ヨーグルトは食べ方を工夫するだけで、なんと太らなくなるのです。


ヨーグルトには、腸内環境を整えてくれる善玉菌が多く含まれていますが、この善玉菌が増えると、太りにくい体質になるということが、研究によってわかったのです。

しかし、ヨーグルトの種類によって善玉菌の量や種類が異なるため、ただやみくもにヨーグルトを食べるだけではいけません。人それぞれどの善玉菌が自分に合うのかが違います。

もし自分に合わない善玉菌が入っているヨーグルトを食べても、その善玉菌はその人の腸内で生きていくことができないのであまり効果がありません。


では、自分に合ったヨーグルトをどうやって見つければいいのでしょうか?

f:id:hsnv:20170517121016j:plain

それは、同じ種類のヨーグルトを2週間食べ続けてみることです。便通や肌の調子が良くなれば、そのヨーグルトが自分の体に合っていたということになります。特に何も変化がなければ、そのヨーグルトは自分に合っていなかったということなので、また違う種類のヨーグルトを2週間食べ続ける、ということを繰り返してみてください。

同じ種類のヨーグルトを2週間食べ続けるのが大変な人は、1種類の菌だけでなく、いろいろな種類の菌が入っているヨーグルトを選ぶと、自分の体に合った善玉菌が含まれているヨーグルトを見つけられる可能性が高くなります。

ただし、ヨーグルトを選ぶときは必ず無添加のものにしましょう。添加物、人工甘味料が含まれているものは善玉菌の量を減らし、糖質を増やしているので、これだとヨーグルトを食べても逆効果となり、むしろ太ってしまいます。

つまり、ヨーグルトを選ぶときのポイントは、いろいろな種類の菌が入っていて、無添加のものにするということです。


また、腸内環境を整えるためにも、ヨーグルトは夕食後に食べた方がいいです。1日の最後に、腸内をキレイにリセットするということです。




まとめ

  • ヨーグルトは食べ方を工夫するだけで太らない
  • 2週間同じ種類のヨーグルトを食べ続け、自分に合ったものを見つける
  • ヨーグルトを選ぶときは、いろいろな種類の菌が入っていて、無添加のものにする
  • ヨーグルトは腸内をキレイにリセットするために夕食後、1日の終わりに食べる



以上が、ヨーグルトの太らない正しい食べ方です。食品一つでも、食べ方を工夫するだけで劇的に効果が変わります。食べても太らないヨーグルトの食べ方、参考にしてみてくださいね。



たくさんの種類の乳酸菌が入った無添加のケフィアヨーグルト!