読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日より健康に!日に日に健康になっていくことを目指すブログ

効果があった健康法、健康食品を中心に人生を楽しむための生活の質向上術を紹介します。

カロリーゼロはやせない!?逆に太ってしまう本当の理由




ダイエットのためにカロリーゼロの食品を食べるように心がけている方は多いと思います。
カロリーゼロなら、いくら食べても大丈夫、そんな思い込みをしている方は非常に多いです。


f:id:hsnv:20170519115626j:plain


しかし、カロリーゼロの食品こそ、逆にムダな食欲を引き起こしてしまうのです。
ゼロカロリーのものを食べた後すぐに、また何かを食べたくなる、そんな経験をしたことがある方も多いと思います。

これは、人工甘味料が原因です。
カロリーゼロの食品の多くには、人工甘味料が含まれています。
この人工甘味料がやっかいで、脳をだまして、逆に甘いものを欲しがるようにしてしまうのです。

人工甘味料は甘いのに、カロリーがほとんどありません。これは砂糖が本来持っている糖分を含んでいないからです。
人工甘味料を使用したものを食べると、舌は甘みを感じます。すると、舌から脳に甘いもの、つまり糖分が体に入ってきた、と連絡します。

そこで、脳は糖分、つまりエネルギー源が入ってきた、と判断します。
砂糖などの糖分が体に入ると、血液中の糖分量が増えるので、それを一定にするために、脳は血液中の糖分量を下げるホルモンを出します。

しかし、実際は人工甘味料によって糖分が入ってきたと脳が錯覚しているだけなので、血液中の糖分量は増えていないのです。
すると、血液中の糖分量が下がりすぎてしまうので、お腹が空いたと感じて、糖分が欲しくなってしまうのです。
甘いものを食べたい、という気持ちがゼロカロリーのものを食べる前より強くなってしまいます。

その結果、砂糖が入ったスイーツなどの甘いものを食べてしまうのです。
ゼロカロリーの食べ物はムダな食欲を逆に引き起こしてしまいますが、それを我慢しようとすると、脳からの指令に逆らうことになり、ストレスを感じてしまうという悪循環になります。

以上が、ゼロカロリーの食べ物を食べても、やせずに逆に太ってしまう理由です。


食品に関して正しい知識をつけることが、本当のダイエット、健康につながります。





東京ガールズコレクションでプロモーションされた生酵素