昨日より健康に!日に日に健康になっていくことを目指すブログ

効果があった健康法、健康食品を中心に人生を楽しむための生活の質向上術を紹介します。

スーパーフードの定義とは!?なぜスーパーフードと呼ばれるのか?

最近、スーパーフードという言葉をよく耳にします。
アサイー、チアシードミドリムシスピルリナ・・・どんどん出てきますね。
でも、スーパーフードと言われるものの定義って何なんでしょうか?

スーパーフードと呼ばれるものは共通して老化防止という特性を持っています。
人間の細胞も鉄などと同じように酸化してしまうとさびてしまうのです。
細胞が酸化してさびると、どんどん老化してしまうのです。

細胞が老化するのを防いでくれるものを抗酸化物質と呼ぶのですが、スーパーフードとは、この抗酸化物質を非常に多く含んでいるもののことを言います。
抗酸化物質は細胞を守って、病気を防ぎ、老化する速度を遅くしてくれるのです。最近、よく耳にするアンチエイジングです。

抗酸化物質は普段、私たちがよく食べている野菜にも入っています。
ビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンなどです。抗酸化物質が豊富な食べ物には共通点があります。
その1つは、色が鮮やかだということです。
赤色のトマト、青色のブルーベリー、鮮やかな緑色をしたブロッコリーなどです。

もう1つの特徴は、強いにおいです。
ニンニクやタマネギなどが、これに当てはまります。
こういった食べ物は抗酸化物質を豊富に含んでいます。

一般的に、抗酸化物質が持っている酸化防止効果は発芽するときに増大します。
発芽とは何なのかというと、種が小さな新しい芽を出し始めることです。
この発芽なのかそうでないのかというのがポイントです!
例えば、発芽ブロッコリーは普通のブロッコリーよりも酸化を防止する力が強いです。また、野菜だけでなく、穀物や木の実も発芽によって栄養が増えます。

特に日本では、発芽玄米というものが評判になってきています。


f:id:hsnv:20170527171008j:plain


発芽玄米のことをよくGBRと言いますが、聞いたことがある方もいると思います。
玄米自体が白米よりもはるかに栄養があるのですが、発芽すると、ストレスを減らしてくれる成分であるギャバと呼ばれるアミノ酸の量が増え、普通の玄米よりもさらに栄養がアップします。
また、発芽玄米の効能は以下↓の通り、他にもいっぱいあります!

・高血圧防止
コレステロール値の改善
中性脂肪、内臓脂肪の減少
基礎代謝を上げ、やせやすい体にする
・血糖値の上昇を抑える
食物繊維が白米の4倍含まれている

白米や普通の玄米と比べて、効能がかなり多いです。
発芽玄米も間違いなくスーパーフードの1つです!


食べ物は、どれだけ量を食べるのかではなく、いかに質の良いものを食べるかが大事です。
偏ることなく、高品質なものを食べることが健康への第一歩となります。

特に、日々食べることが多いお米を発芽玄米に変えるだけでも大きな効果が得られます。
実際、僕も白米をやめて、玄米を食べる生活を何年も続けています。
健康にもなりましたし、白米を同じ量食べていたときよりも太らなくなりました。


スーパーフードの1つと言われる発芽玄米の人気はますます増えそうですね!