昨日より健康に!日に日に健康になっていくことを目指すブログ

効果があった健康法、健康食品を中心に人生を楽しむための生活の質向上術を紹介します。

嫌いな人と一緒にご飯を食べると太る!?その驚きの理由とは!?

誰かと一緒に食事をすることって多いですよね。家族みんなで食事をしたり、友達と外食に行ったり、会社で飲み会があったりと機会は様々です。

実際、誰と食事をするかでモチベーションって全然違いますよね。好きな人や気になっている人と食事をするとなると、うれしくてテンション上がりますが、逆に嫌いな上司や先輩などとご飯を一緒に食べるとなると、おいしく食事もできなくなりますよね。


f:id:hsnv:20170607153238j:plain


実は、この食事のときのモチベーションが、なんと太るかどうかに関係しているのです!


人は、大好きな人と楽しく笑って会話をしながら食事をすると脂肪が燃焼されやすくなります。なぜかというと、楽しく食事をしているとき、褐色脂肪細胞と呼ばれる脂肪を燃焼して、エネルギーを消費する細胞のはたらきが活発になります。この細胞のはたらきが活発になると、食べ物がもつエネルギーの多くを食事中に消費できるのです。


しかし、逆に「まずい」と言いながら食べたり、嫌いな人と一緒に食事をしたり、ストレスを感じながら食事をすると、太りやすくなってしまいます。
このような食べ方をすると、先ほど述べた脂肪を燃焼してくれる褐色脂肪細胞のはたらきが低下し、エネルギーの消費量が減ってしまいます。すると、今度は白色脂肪細胞と呼ばれる脂肪を貯めこむ細胞に、どんどん脂肪が貯まっていくのです。


つまり、良い気分で食事をすると、脂肪を燃焼させる細胞が活発になり、嫌な気持ちで食事をすると、脂肪を貯めこむ細胞がどんどん脂肪を貯めてしまうということです。


社会人になると、付き合いなどが多くなり、あまり好きではない人と一緒に食事をする機会も多くなりますよね。お得意様との食事や会社での強制参加の飲み会などがあります。どうしても参加しないといけないものもありますが、好きではない人と一緒にご飯を食べる上に、太りやすくなるなんて、たまったものではありませんよね。

また、家族で食事をするときなどに、子供をしかりながら食事をしたり、夫婦で言い争いをしながらご飯を食べるのもよくありません。

それと、最近よく見かけるのが1人で孤独にスマホなどをいじりながご飯を食べる「ながら食べ」ですが、これもなるべくやめた方がいいです。
「仕事をしながら」「本や新聞を読みながら」「スマホをいじりながら」「テレビをみながら」なども褐色脂肪細胞のはたらきが低下し、脂肪が燃焼されにくくなります。


1人で孤独にご飯を食べたり、嫌いな人と一緒に食事をするのではなく、大好きな人たちと笑いながら楽しく食事をする!


このことを意識するだけでも健康で太りにくくなります。
食べるものだけでなく、食べ方にも注意するようにしましょう。



買えるのはここだけ!累計販売個数100万本突破の酵素ドリンク【ファストザイム】