昨日より健康に!日に日に健康になっていくことを目指すブログ

効果があった健康法、健康食品を中心に人生を楽しむための生活の質向上術を紹介します。

太っている人は食事の量を減らしても太るという事実が!?その理由とは?

食べても食べても太らない人っていますよね。かなり大食いなのにとてもやせている。いったい、あの人たちの体ってどうなっているのでしょうか?
「太るのは遺伝だから、食べても太らない人は生まれつきなんだよ。」と言っている方をよく見かけます。


f:id:hsnv:20170608153929j:plain


しかし、太るのと遺伝は関係がないということが最近の研究でわかったのです!


太りやすいかどうかは腸内細菌が決めているということが発見されました。


ここで、ワシントン大学のある教授が行ったおもしろい実験を紹介します。

まず、腸内細菌を持たないマウス(ねずみ)を2つのグループに分け、1つのグループには太ったマウスからとった腸内細菌を植えつけ、もう1つのグループには普通の体型のマウスからとった腸内細菌を植えつけました。その後、両グループのマウスにまったく同じエサを食べさせていきます。すると、なんと太ったマウスからとった腸内細菌を植えつけたグループのマウスたちが、どんどん太っていったのです。この両グループのマウスたちは腸内細菌しか違いがないので、腸内細菌が太るかどうかに関係しているのは決定的です。

そして、このことは人間にも当てはまります。人は太っているときには悪玉菌という腸内細菌が多くなります。この悪玉菌が増えると、腸の機能が低下し、便通、新陳代謝が悪くなり、その結果、太りやすい体になってしまうのです。

逆に、やせているときは善玉菌という腸内細菌が多くなります。そして、この善玉菌が増えると、腸の機能が改善され、便通、新陳代謝が良くなり、その結果、やせやすい体になるのです。

つまり、悪玉菌が多いと太りやすくなり、善玉菌が多いとやせやすくなるということです。

太っている人の腸内は悪玉菌がいっぱい増えてしまっているので、いくら食事制限をしたとしても、少しの量の食事で太ってしまいます。だから、太っている人は、何よりもまず悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす必要があります。


では、いったいどうやって善玉菌を増やせばいいのでしょうか?



それは、善玉菌の大好物である食物繊維をいっぱいとることです。

人の腸内には、3万種類、1000兆個もの腸内細菌が住んでいます。この腸内細菌たちは食物繊維が大好物です。善玉菌は食物繊維をエサにして、どんどん増えます。さらにうれしいことに、食物繊維は悪玉菌である大腸菌をも味方につけます。食物繊維をエサにしている大腸菌は、なんと増えもせず、悪さもせず、体に良いはたらきをしてくれるのです。

食物繊維は善玉菌を増やし、悪玉菌の数をほどほどにし、さらにこの悪玉菌を味方にしてくれるという優れものなのです。

食物繊維をしっかりとるかが太りやすくなるかどうかのカギとなります。



まとめ

  • 太っている人は腸内で悪玉菌が主導権を握っているので太りやすい体になっている
  • 善玉菌が優勢の腸内になると、やせやすい体になる
  • 善玉菌を増やし、悪玉菌の数をほどほどに抑えるために食物繊維をいっぱいとる


以上のことが、やせやすい体をつくるために意識することです。
食物繊維をたくさんとって、善玉菌が主導権を握っている腸内になると、どんどん太りにくい体になります。食べる量を減らす前に、まず食物繊維をいっぱいとる習慣をつくる。これが、やせやすい体をつくる第1歩です!