昨日より健康に!日に日に健康になっていくことを目指すブログ

効果があった健康法、健康食品を中心に人生を楽しむための生活の質向上術を紹介します。

お菓子は食べるほどストレスがたまる!?その理由とは?

黒しょうが+5つの黒スリム
お菓子っておいしいですよね。ポテトチップスや甘いチョコレートなど、お菓子を毎日食べているという人もいると思います。総務省の統計調査によると、不景気のせいで家庭内の食料品全体の支出額は年々減っているのに、お菓子の支出額はあまり減っていないそうです。

食料品全体の支出が減るなかで、お菓子の支出はそんなに減っていないのは、いったいなぜなのでしょうか?

これには、いろいろな要因がありますがストレスを解消するためにお菓子を買っている人が増えているのが主な要因だと言われています。

現代は、今までにないほどのストレス社会を迎えています。不景気のせいで、社会人は特にストレスがたまりやすい環境で生きなければならなくなりました。そして、人はストレスがたまったときに食べることでストレスを解消しようとします。いろいろな食べ物のなかでも、特に手っ取り早くストレスを解消してくれるものがお菓子なのです。


f:id:hsnv:20170614123937j:plain


お菓子に含まれる糖質は脳にすぐに幸せを感じさせます。だから、人は一刻でも早く幸福感を得ることでストレスを解消しようとして、お菓子を食べてしまうのです。

しかし、ポテトチップスなどのスナック菓子や甘いチョコレートなどには、糖質がいっぱい含まれているので、食べると血糖値が一気に上がってしまいます。砂糖は、なんと口に含まれてわずか10秒で血糖値を上げてしまうのです。

血糖値が一気に上がってしまうと、今度は脳が「これはマズイ!」と思って、逆に血糖値を急速に下げてしまいます。血糖値が下がって、低血糖の状態になると、イライラや不安感、疲労感、うつ状態などの精神状態が引き起こされます。

その結果、ストレスがたまり、さらに血糖値も下がっているので脳が糖分を必要として、またスナック菓子や甘いものを欲しがるようになる。これが繰り返されて止まらなくなり、ストレスがどんどんたまっていくのです。


幸せを得ることでストレスを解消しようと思って食べたお菓子が逆にストレスをためてしまうのです。


また、お菓子のなかでも、スナック菓子には特に注意が必要です。ポテトチップスなどのスナック菓子にはうまみ調味料と呼ばれる化学調味料も含まれており、これがまた脳を暴走させます。


うまみ調味料の特徴は、噛まなくても脳に幸福感を与えてしまうということです。口に入れただけで脳が幸せを感じるという即効性があります。

あるメーカーがスナック菓子のうまみ調味料の量を普通の2.5倍に増やしてみたところ、売り上げが爆発的に伸びたとも言われています。うまみ調味料は人間の脳にそれほど大きな影響を与え、脳を依存症にさせてしまうのです。


毎日たくさんのお菓子を食べている人は注意が必要です。食べれば食べるほどストレスになるので、知らないうちにストレスがどんどんたまっている可能性があります。なるべくお菓子を食べないようにした方がいいですが、我慢しすぎるのもまたストレスになるので、どうしてもお菓子を食べたければ食べる量を減らすようにしましょう。

少しずつ食べる量を減らしていき、最終的に週1回だけ食べるぐらいにまでなるのが理想です。


まとめ

  • お菓子は食べるほどストレスがたまる
  • スナック菓子などに含まれる「うまみ調味料」は脳を依存症にさせてしまう
  • どうしてもお菓子が食べたければ、食べる量を減らす



「おいしい」と感じながら食事をすることは大事です。しかし、糖質やうまみ調味料を多く含んだお菓子は脳を依存症にして、ストレスを与えてしまうので食べすぎには注意しましょう。


《食べたいけどダイエットしたい!》そんなワガママ女子にオススメ▼黒しょうがでダイエットサポート!
黒しょうが+5つの黒スリム