昨日より健康に!日に日に健康になっていくことを目指す

効果があった健康法、健康食品を中心に人生を楽しむための生活の質向上術を紹介します。

断食しなくてもOK!食べながらできるデトックス法とは?

ここ数年、「デトックス」という言葉が流行しています。方法はいくつかあり、有名なものでは断食デトックスなどがあります。確かに、断食でデトックスはできますが、毎日きちんと朝、昼、晩の3食を食べている人にとっては、ちょっとキツイですよね。

今回は、ご飯を食べながらできるデトックスの方法を紹介します。

「食べながらデトックスする」と聞くと、なんか都合がいいように聞こえますが大丈夫です。デトックス効果のある食べ物をしっかり食べれば、無理に断食しなくても、ちゃんとデトックスはできます。


では、デトックス効果のある食べ物とは、いったい何なんでしょうか?


f:id:hsnv:20170625101900j:plain


それは、不溶性食物繊維をいっぱい含む食べ物です。

不溶性食物繊維とは水に溶けない食物繊維です。水に溶けないので、逆に水をどんどん吸収して大きく膨らみます。さらに、繊維がとても強いので腸内にたまった食べカスや細菌の死骸などをからめとりながら、大便をつくって、それを体の外に出してくれます。

わかりやすくいうと、不溶性食物繊維が「大型の掃除機」で、食べカスや細菌の死骸が「ゴミ」です。バツグンの吸引力でゴミを吸いとり、腸内をきれいに掃除しているというイメージです。

つまり、不溶性食物繊維をとることで腸内をきれいにデトックスできます。


では、逆に不溶性食物繊維をとらなかったらどうなるのでしょうか?

腸内を掃除しないことになるので、食べカスや細菌の死骸といったゴミがたまったままになってしまいます。このまま放置されると、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化し、肥満、不健康、老化の原因となります。

こうならないためにも、不溶性食物繊維を積極的にとる必要があります。

また、不溶性食物繊維は便秘の人にも効果があります。不溶性食物繊維は、腸を刺激しながら移動します。すると、腸の動きが活発になるので腸内にある大便がスムーズに移動できるようになり、便が出やすくなるのです。

不溶性食物繊維は腸内をキレイにするスペシャリストです。


では、その不溶性食物繊維は何に含まれているのでしょうか?

いんげん豆や、ひよこ豆、小豆、大豆、えんどう豆、枝豆などの豆類やおからに豊富です。また、納豆やモロヘイヤ、オクラなどのネバネバ食材にも多く含まれています。ちなみに、豆類とネバネバ食材は水溶性食物繊維も豊富なので、2種類の食物繊維をまとめてとることができます。

他にも、シソ、パセリ、ニラやキクラゲ、干しシイタケ、エリンギ、えのきなどのキノコ類、切り干し大根などにもいっぱい含まれています。


f:id:hsnv:20170625102531j:plain





まとめ




不溶性食物繊維をとれば、食べながらデトックスできるのでキツイ断食をするより気持ちが楽です。継続して続けることでストレスをためずに健康になることを目指しましょう。





水溶性食物繊維についてはこちらの記事で詳しく書いているのでよかったら読んでみてください。
hsnv.hatenablog.com






TV、雑誌でも大注目!楽天ランキング1位[えん麦のちから]はコチラ↓