昨日より健康に!日に日に健康になっていくことを目指す

効果があった健康法、健康食品を中心に人生を楽しむための生活の質向上術を紹介します。

スーパー、コンビニの弁当の添加物は美容・健康に悪影響

インスタント食品、レトルト食品、スーパー、コンビニの弁当を食べる方は多いと思います。どれぐらいの頻度で食べるかは人によって違いますが、一人暮らしで超多忙な人などは、料理をする時間がなく、ほぼ毎日、毎食、コンビニ弁当などで済ませていたりします。

確かに、これらの食品は手軽に食べることができて、おいしいのでとても便利です。しかし、インスタント食品、レトルト食品、スーパー、コンビニの弁当には保存料や防腐剤などの食品添加物が大量に含まれています。

スーパー、コンビニの弁当などは作ってから、かなりの時間がたっているのに全然腐っておらず、見た目もいいです。これは、食品中で細菌が増えるのを防ぐために、許されている範囲ギリギリの保存料、防腐剤が使われているからです。


f:id:hsnv:20170703124852j:plain


保存料、防腐剤のおかげで細菌が増えることができないので食品が腐るのを防いでくれます。しかし、保存料、防腐剤は人間の体の中で良い働きをしてくれる腸内細菌が増えるのも防いでしまうのです。

腸内細菌を良い状態に保つだけで肌の調子が良くなり、様々な病気や老化を防ぎ、太りにくく、やせやすい体になることができるというのは最近の研究では有名な話です。この腸内細菌に大きなダメージを与えるのが保存料、防腐剤などの食品添加物です。

保存料の中で最も有名なものにソルビン酸というものがありますが、このソルビン酸を使った実験をここで1つ紹介します。

食品を腐らせる細菌を寒天に入れ、そこにソルビン酸を0.3%だけ混ぜた液体を加えると、細菌はまったく増えることができなかったのです。これと同じことが人間の腸内細菌にも起こっていると言われているのです。

ソルビン酸はコンビニやスーパーで買える様々な食品に含まれています。食品に使われている原材料表示は必ず確認するようにしたほうがいいです。



まとめ

  • インスタント食品、レトルト食品、スーパー、コンビニの弁当には保存料、防腐剤などの食品添加物が大量に含まれている
  • 保存料、防腐剤は腸内細菌に悪影響を与える
  • 腸内細菌を良い状態に保つと、肌の調子が良くなり、様々な病気や老化を防ぎ、太りにくく、やせやすい体になる
  • コンビニやスーパーで食品を買うときは原材料表示を確認し、なるべく添加物が含まれていないものにする




インスタント食品、レトルト食品、スーパー、コンビニの弁当をよく食べる人は注意が必要です。「日々体調がすぐれない」「肌の調子が良くない」「少し食べただけで太ってしまう」といった方も食生活を見直してみるといいです。

食材にこだわってちゃんと自炊をするだけでも体調が良くなり、肌の調子が改善され、ダイエット効果が期待できます。美容、健康のためにも、まずは食生活に気をつけるようにしましょう。


旬の食材を産地直送!ご当地ドットコム